スーパーPフォースの特徴は何といっても「ED改善と早漏治療」の2つに尽きます。まさに両方で悩んでいるという方には、まさにドンピシャの逸品です。しかし、副作用などへの油断は禁物ですので、しっかりと特性を理解しましょう。

スーパーPフォースを使ってEDと早漏を克服しようとしている男性

空腹時にスーパーPフォースを飲むのがベスト?

EDと早漏の2つの症状に対応できるスーパーPフォースは、価格も安く手に入ることから人気のある飲み薬です。1錠の中にEDに効果のあるシルデナフィル、早漏に効果を発揮するダポキセチンが配合されていて、2つの成分からそれぞれの効果を発揮するようになっているのがスーパーPフォースとなります。これらの成分にはそれぞれ特徴があり、服用から効果が発現するまでのタイミング、効果が持続する時間などが違います。この中でもシルデナフィルを含むED治療薬というものは食事の影響を受けやすく、飲むタイミングが重要とされます。ダポキセチンは食事による影響がほとんどないため、空腹時であろうが、食後すぐに飲んだとしても体内にしっかりと吸収できるようです。薬の効果を発現させるためには、腸管から薬剤を体内に吸収させる必要があるのですが、その薬剤によって吸収しやすかったり、吸収が難しいというものもあります。シルデナフィルがまさに吸収させるのが難しいタイプで、油分が多い食事を摂取すると、腸管に油膜を張ってしまい吸収が難しくなってしまいます。服用しても効かないと思っている人のほとんどが、この油膜が張った状態の食後に服用しているようです。スーパーPフォースを効果的に飲むのであれば、食事は避けて空腹時に水かぬるま湯で飲むのがベストです。牛乳のような乳製品の場合は、一緒に飲むと脂肪分で吸収が阻害されるので必ず避けるようにします。また、脂っこい食事をした場合は、腸から油膜が剥がれるまでのおよそ6~7時間は空けるようにしましょう。油分の少ない軽食であれば2~3時間ほど、あるいは体内に薬剤が吸収されるまで30分ほどかかるので、食前の30分前に飲むようにすると良いようです。